VOICE 1
所 属:アベキン
入社年:2015年
担 当:組み立て
鎌迫 章太郎

アベキンではどんな業務を担当していますか。

入社3年目、組み立てを担当しています。工業系ではなく普通科の高校を卒業しているので、機械の知識はありません。なので、アベキンという会社の存在は合同会社説明会で初めて知りました。この業界の知識が何もないまま、アベキンが作った海外高級メーカーの家具を見て、素直にかっこいいな、こういうものづくりに携わりたいなって思ったんです。ファッションやデザインがもともと好きだったこともあり、きちんとデザインされた、スタイリッシュなものを作ることに素直に憧れを持ちました。

実際に家具や什器作りに携わるようになって、どんな感想を持ちましたか。

現在は塗装前の擦りの勉強をしています。勉強の一環として家具店やインテリアショップに出かけて他社製品の家具をチェックしますが、うちの製品はやっぱり塗装もきれいだし、金属を折って曲げるような複雑な加工も多い。全ての工程で手間がかかっているなと実感します。

デザインが好きという鎌迫さん、いまの目標はなんですか。

自分が手がけた店舗什器が実際に店に並んでいるところを見かけると、やりがいを感じますよね。とてつもなく大きなモチベーションになっています。高級家具メーカーの製品だったら、「これ、自分が作ったんだよ!」ってみんなに自慢したくなるじゃないですか。現在はある程度、形になったものの加工しかできないのですが、いずれは1枚の板からさまざまな形のパーツを取り、溶接で組み上げ、仕上げを施すという全工程をできるようになりたいですね。「ゼロから一つの製品を作りあげた」という、より大きな実感を得られるような気がします。

ものづくりを目指す高校生や大学生に向け、何かアドバイスをお願いします。

うちの会社は一貫生産を売りにしているだけあり、いろいろな工程を自社で行なっていますからとにかく飽きる暇がない。自分1人でゼロから10までできるって、大きなやりがいになるんですよ。全く知らない業界でも、思い切って飛び込んでみる価値はあると思います。特にデザイン好きには、ものづくりの裏側を見られるこの仕事をオススメします!