Simple toilet

一般的に簡易トイレは、通常のトイレを使用できない人・状況の際に使われ、
用途によって形状もバラバラです。
通常のトイレが使用できない、”特別な状況の場合に使用されるトイレ”ですが、
実際に使用される方にとってはこれから付き合うトイレ。
そんな簡易トイレを、使用する人にとっても、それを手助けする人にとっても、
使いやすく優しいトイレが、あればいいのに。

そこで開発されたのが、この「Simple toilet」

この簡易トイレは、新潟大学と燕三条地域の企業とで医療現場のニーズに応じた医療器具や関連製品の商品化を目指した取り組みの第一回製品開発として、
新潟大学、新潟大学医歯学総合病院からの知見を交えて製品の開発を行いました。

医師の方や、実際に簡易トイレを使用される方の介助をされる看護師の方より
意見をいただいて改良・開発にいたった製品です。

持ち運びが、スムーズで、スッと片手でも移動。

どんな場所でも瞬時に自宅のようなトイレ空間を作ることができ、
介助者の負担軽減につながります。

みんなに優しいデザイン

医療・介護現場をはじめとしたユーザーの声をもとに育んだデザイン。丸くて温かみのあるフォルムとカラーです。

想定使用用途

・病院や老健施設での、検体回収トイレ、介護用トイレとして
・家庭での介護用トイレとして
・自治体での災害用非常トイレとして、等

※介護用トイレの場合、この製品は介護保険福祉用具製品になります。